華麗なるロンドンの歴史とペンハリガンの

インスピレーションが融合した

シンボリックな香り、

SAVOY STEAM〈サボイ スチーム〉

時を超えて女性たちを癒すローズの香りは、

まるでパラダイスに続く扉。

ラグジュアリーな感覚に包まれる、心地よいひとときへ―

ビクトリア朝時代の女性用ターキッシュバスにインスピレーションを得た、フェミニンでモダンなオードパルファム。

ローズの繊細なアロマがイメージさせるのは、フレッシュなバラが贅沢に使われたスチームミスト、あるいは花びらが浮かぶホットウォーター。

ピンクペッパーとゼラニウムが、非日常のターキッシュバスで過ごす高揚感を演出し、神秘的な温もりをもったインセンスが、天にも昇るような心地さへと導きます。


1870年、ウィリアム・ペンハリガンは、ロンドンの一角に自らの名を掲げた理髪店「PENHALIGON’ S EST. LONDON 1870」をオープンさせました。

店を構えたジャーミン ストリートには、紳士服の名だたるテーラーが軒を連ね、クラブやウェストミンスター宮殿に向かう人々が頻繁に行き交い、いつも馬の蹄音が鳴り響いていました。

しかし、彼を何よりも惹きつけたのは、同じ建物に入っているターキッシュバスのドアの隙間から上ってくる蒸気の香りでした。


日々の癒しとして彼の生活の一部になっていたその香りは、やがて彼のインスピレーションの源となり、1872年、ペンハリガンが初めて手掛けたフレグランス「ハマン ブーケ※」の誕生へとつながりました。


当時、ジャーミン ストリートの角を曲がったところにあるデューク オブ ヨーク ストリート12番地にあった女性用のターキッシュバス「サボイ ターキッシュバス」にインスパイアされたSAVOY STEAM〈サボイ スチーム〉は、「ハマン ブーケ」にオマージュを捧げるフレグランスです。

広々とした大理石のホールと気分を高揚させる円天井。人々は忙しい合間を縫って、当時の最先端だったターキッシュバスを訪れ、スチームバスで身だしなみを整えました。エキゾチックな雰囲気に包まれたその空間は、彼らが忙しい日常から解き放たれるパラダイスだったのです。


※日本における販売は終了しております。

サボイ スチームはデザインも特別です。

ボトルネックにあしらわれたボウタイは、かつてターキッシュバスで使用され、現在、チュニジアの伝統的なビーチタオルとしてヨーロッパで使われているFouta(フータ)をモチーフにしたユニークなデザイン。

布地のボックスは、イギリス伝統のサヴィル・ロウを意識したもので、シンプルでありながら胸を高鳴らせる、オーダーメイドの雰囲気をたずさえています。

SAVOY STEAM

サボイ スチーム

オードパルファム 100ml  24,750円(税込)

香調:アロマティック ローズ

【トップノート】

チュニジア産ローズマリー、ピンクペッパー

【ハートノート】

ローズ、ゼラニウムアブソリュート

【ベースノート】

インセンス、ベンゾイン

サボイ スチームのインスピレーションとなった「サボイ ターキッシュバス」の“サボイ”とは、名門ホテの代名詞である「サボイ ホテル」や「サボイ シアター」と 同様、ラグジュアリーな世界の象徴でした。


サボイ スチームは、ロンドンの歴史とペンハリガン独自のインスピレーションを体現する、象徴的かつモダンなフレグランスです。