グータル - オーダドリアン

GOUTAL - EAU D'HADRIEN

一日の中で最も暑い時間には、レモンの木のやわらかな木陰に腰を下ろし、「ハドリアヌス帝の回想」を読みふけりたい。トスカーナの焼けるような太陽と眩しい日差しが、サイプレスの木々が立ち並ぶ高台に降り注いでいる様を表現した、爽やかな香りです。